技能だけでなく心で運転するハイヤー

一般の人にとってはハイヤーを使うシーンがあまりなく、なじみがないものというイメージがあるかもしれませんが、街中を黒塗りの車が走っているのを見かけることはよくあるでしょう。ハイヤーを利用する場面のひとつとして、大切なお客さまの送迎時が挙げられます。おもてなしとして高級車を使ったサービスを利用することで、企業であれば担当者や企業そのものの評価や印象を高めることが可能です。贅沢な印象だけではなく安全面にも配慮があり、しかも運転技能も優れていることから、あらゆる面から見てもおもてなしにぴったりだと言えます。

ハイヤーの運転手の多くは運転技能もありながら細かな配慮を心がけていて、利用者のニーズに沿ったサービスをしてくれます。利用するには料金が高いといったイメージを持っている人も少なくありません。利用は予約制であり、あらかじめ料金を知って乗ることができるため、想像しているよりも利用しやすいのが事実です。一般の方が利用する機会の多いタクシーは、距離や時間に応じてメーターが回り料金が上がっていくため、どれくらいかかるのだろうとドキドキしながら乗車することもあります。しかしながらハイヤーは、予定を変更しない限りは予約時に伝えられた金額のみの支払いで済みます。また、複数名で利用するのであれば1人当たりの負担額が少なく、かなりお得になることもあります。値段に応じた質の良いサービス、満足できる移動手段という付加価値を得られるでしょう。

定期的に利用される例として、会社の重役への送迎が挙げられます。運転手と車両を貸し切れるため、通勤にもよく使われています。会社から営業所への移動、空港への送り迎えなどにも使われますが、ここでもハイヤーならではの利点があります。運転手は移動経路の交通情報などを綿密にしっかりと把握しているという点です。そのため、密なスケジュールで動く重役にとっては時間厳守で動くことができるなど、利便性に優れています。

使用される自動車は、セダンを始め、ミニバンやジャンボタイプなど多様な車種が揃っています。その中から自由に選択できるので、人数が多いときでもそれ相応の車両が用意できます。運転手との相性も面接などで判断ができます。契約はスポット利用や月間、年間などがあり、必要に応じた利用が可能です。会社の社用車を自前で用意するのが難しい場合にハイヤーを利用するのもいいでしょう。自社で確保するよりも、経費や手続きを抑えられるなどのメリットがあります。