ハイヤーの利用方法は様々で多くの人が利用している

ハイヤーという言葉を聞いた時には、多くの方がタクシーよりも高級なイメージを持つものではないでしょうか。乗車料金は各社によって違いはありますが、車体はラグジュアリーで上質感のあるセダンタイプがあれば、現在ではワンボックスカーにも範囲は拡大しています。タクシーは白や黄色、黒などの様々な車体があるのに対して、ハイヤーは黒塗りが圧倒的に多いのが特徴です。ハイヤーの利用は、タクシーの様に手をあげて合図することで乗車できるのと異なって予約制を採用しており、事前予約を取った方を対象としている場合が多いです。

近年では需要の高まりを見せています。その背景にある一つの理由が、観光シーンでも利用ができることです。各ハイヤー会社では、独自の観光プランを用意するなど力を入れているのが分かります。観光でハイヤーを利用するメリットには、小回りの利く移動で観光名所をまわれること、荷物を持たずに楽しめることなど、様々あります。

特に点々とある名所を回るには公共機関を利用するよりも車の移動の方がスムーズで、ハイヤーならば予約した時間の中で行きたい場所に案内してもらえるのがメリットです。短時間での利用もできれば丸1日利用できるコースもあり、運転手と車両を貸し切りにできるため、次の場所への移動方法や時間を、自分で気にする必要がありません。どこに行きたいか、あるいはどのプランを利用するか、予約時に細かな打ち合わせで決められますし、料金も時間で決まるので、延長しない限り料金の変動がないところも魅力です。友人同士ならハイヤーの料金を割り勘することで、何かとかかる旅費を抑えることもできるでしょう。

観光国として諸外国から訪れる利用客に向けても、ハイヤーのドライバーが英語を話したり、アジア系の言語を習得していることがあるのでかなり重宝します。観光だけでなく、空港への送迎などにも役に立つでしょう。

また、企業間でも活用されるシーンも多く目にします。企業の場合では、役員以上の方が乗車する際にチャーターすることが多く、移動手段や通勤の目的以外でも、会社内のイベント関連やゴルフコンペに参加する時にも便利に活用されています。ワンボックスタイプの場合は7人乗りや8人乗りの車体が基本とされており、まとまった人数でもラグジュアリーな空間で過ごせるほか、貴重な移動手段として用いられています。会社のサービス内容により違いはありますが、ハイヤーは運転手だけの派遣も行っているので、社用車だけは保有しているという場合にもおすすめです。安全性と快適性のある移動手段を手に入れたいならハイヤーはおすすめの方法です。